クレジットカードのリボ払いは確認するようにすること

クレジットカードを作ることになり、その後は定期的に使っていこうと決めてました。そのときにあまり理解しきっていなかったためかリボ払いの状態のままになってたことに気がつかなかったんです。それで無駄に手数料がついたり、返済に大変さを感じたことはありました。リボ払いをそもそも利用する考えならまだしも、厳しいときにリボ払いはやはり厳しいの一言に尽きるので、この辺は初めの内にちゃんとリボ払いになってないか確認する必要があります。それとなるべく一括払いをするようにしてみたり、変更したりするとそのままにしてしまうこともあるので、必ず定期的な確認を行うように心がけスマートなクレジットカードの使い方をしていくと良いと思います。

海外でクレジットカードを盗まれました

私が初めてクレジットカードを持ったのは学生の時でした。海外旅行に行くため、持っていた方が便利だと思ったからでした。作ったのはNICOSカードで、年会費は1200円程度だったと思います。そして、夏休みに友人とセブ島に旅行に行った際も、もちろんクレジットカードを持っていきました。高級リゾートホテルに滞在していたので、すっかり油断した私は、貴重品をフロントに預けず、部屋に置いたままホテルのプールで泳いでいました。その時に、部屋に侵入した誰かに財布の中身をすっかり盗まれていることに気づかずに!翌日、帰国して成田空港で初めて、現金(日本円)の全てとクレジットカードがないことに気づきました。大慌てでカード会社に盗難の連絡をし、警察にも盗難届を出しました。カードはすぐに止めて頂きましたが、すでに10数万円が使用されていたことがわかりました。それでもカード裏側にきちんとサインをしてあった為、請求されることはありませんでした。ただし、現金は戻ってきません。この時は本当にクレジットカードの怖さと便利さを一度に実感しました。皆さんもカードの盗難には気を付けて!そして必ず裏側にはサインを忘れずに。それでも盗まれてしまったら、すぐにカード会社に連絡しましょう!

ポイントに期限が無いので助かります

私が持っているクレジットカードの引き落としは、普段使っていない銀行です。ですから、なるべく使わないか、毎月必ずネットで支払いがあるかを確認します。口座にいくらか入れておけばよいのですが、すぐ無くなってしまうので、請求が来るたびにその分を入金しています。又、毎月2,3回近所のスーパーでこのカードを使うと、引き落としの時に5%オフになるので、大きな買い物はその日にします。食品を買っても、日によっては5~6,000円かかることもあるので、5%オフでも助かります。カードを使うとポイントが貯まりますが、それに期限が無いので、何年か放っておいたら映画館のチケットが貰える程貯まっていたので、それと引き換えました。久しぶりに映画を子供と見に行って楽しかったです。

クレジットカードをつくるタイミング

今すぐにクレジットカードをほしいと思って適当に業者を選び申し込んでしまうのは、いささか早計というものです。クレジットカードは申し込みの際、さまざまな付帯サービスがつくことがあります。1円でも多く得をしたいのなら、申し込むタイミングには十分気をつける必要があります。最適なタイミングのひとつにキャンペーンがあります。クレジットカード発行業者では、定期的にキャンペーンを実施しています。キャンペーンの種類はさまざまです。1000単位のポイントをサービスをしてくれる業者もあれば、ギフトカードや商品券を送付してくれる業者もあります。クレジットカード発行のタイミングに気を配るだけで、1000円以上のお得なサービスを受けることができるのです。

クレジットカードの作成はインターネットから

クレジットカードと言えば、一昔前は窓口や郵送での申し込みが一般的でした。しかし最近はインターネットの発達によって、自宅のパソコンやスマートフォンからでもクレジットカードの作成申し込みができるようになっています。もはやそれが当たり前と言っても過言ではなく、利用する側としては非常に便利だと言えましょう。インターネットからの作成申し込みにはメリットが多く、まず第一に必須書類をオンラインで送るだけで審査が勝手に進んでいきます。書類をわざわざ郵送する手間がないのは素晴らしいことでしょう。また、クレジットカード会社によってはインターネットからの申し込みの方が審査が早く済むそうなので、クレジットカードをいち早く入手したいという方はインターネットから申し込むようにするといいかもしれません。

クレジットカードならETCカードも同時に作るべき

仕事やレジャーを目的としてマイカーで頻繁に高速道路を利用する、あるいはその予定がある人であれば、もはやETCを利用しない手は無いでしょう。それだけ各種の割引制度が充実しており、高速道路を利用する際絶対に用意していなければ損なのがETCカードなのです。もちろんETCカードはクレジットカードに付帯してくるものですから、クレジットカード作成と同時に作ってしまうのが一番便利。カード会社によってはETCカード発行に関する手数料を無料としており、やはり早目に作っておいた方が後々楽でしょう。またETC独特のマイレージポイント付与の他にも、カード会社オリジナルのポイントも高速道路利用料金に応じて付与されていきますから、楽しみも大きく広がるのです。

クレジットカードを使う前提で出費の計画を立てる

 現金を使わずにクレジットカードだけで乗り切ることは、月末にとても役立ちます。たとえば月末前にどうしても避けられない現金での出費があるとき、給料が出るまでのそれ以後数日間はクレジットカードを活用すれば難なく乗り切れます。 大事なのはその計画が事前にすんなり立てられるということで、クレジットカードで多少の借金をすることは決してマイナスではありません。どうしても使わなければいけないお金の出費は図らずともあるものですから、それを乗り切るためにはクレジットカードをどんどん活用していくべきです。 マジメな性格をしているとその辺の融通があまり利かなかったりもするのですが、せっかくクレジットカードを持っているのなら機能を最大限活かさなければ損です。

海外旅行に大活躍のクレジットカード

クレジットカードは、海外旅行保険が付帯されていることが多いので、海外へ旅行する予定のある人は、一度自分の持っているクレカがどのようになっているかチェックしてみるとよいでしょう。海外へ行くときには、海外旅行保険に加入することが多いと思いますが、もしかしたら手持ちのクレカで得られる補償で間に合ってしまうかもしれません。また、クレカの補償内容で足りない分だけを、別に加入して補うこともできます。その方が、旅行費用の節約になるでしょう。ネットで加入できる海外旅行保険を探すと、そのような自分の必要な分だけかけることのできる保険商品が見つかります。他にも、クレジットカードには海外旅行に便利なサービスがついているので、十分使いこなすとお得です。

年会費は自分で減らせる

一部のクレジットカードについては、年会費を減らすために大量に利用していれば、無料になるケースがあります。どうしても自分が年会費を支払いたくないなら、少しでも利用する額を増やしてください。1回だけ利用しているだけで、年会費を無料にしてくれるカードもありますが、10万円くらい利用しないと無料にならないものもあります。どのようなカードが対象となっているのか、しっかり確認をしてから発行するといいです。クレジットカードの中には、絶対に年会費の支払いが発生するようなカードもありますし、使っている額がかなり高くないと無料にならないものもあります。永年無料以外を使うなら、数回の利用で無料に出来るものが望ましいです。

支払いの遅延と保険の勧誘って関係ある?

クレジットカードは、普通のお店で使うことはほとんどないのですがネット通販で買い物をすることが多いので利用しています。去年、母に頼まれていたものをネットで購入した後、色々忙しくてその月の支払額の引き落とし分のお金を口座に預け入れることを忘れてしまい、連帯遅延金などを払いました。大した額でもなくすぐに気づいたこともあって連帯遅延金はそれほどかかりませんでしたが、それ以後やたらそのクレジットカードを作った銀行から保険などの勧誘の電話が増えたような気がします。支払いが遅れたこととあまり関係はないのかもしれません。ただ、カードを作ってから10年近く経過していることもあるからなのかはわかりませんが、フリーダイヤルの電話が来たと思ったらクレジットカードを作った会社からで、いきなり電話でかかってくるので結構面倒なこともあります。クレジットカードはその後も普通に使用できるので関係ないのかもしれませんが、自分が知らないうちにブラックリストに載っているのではないかとひやひやしていますが結局そのままにしている今日この頃です。